スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)

 大相撲の暴力団観戦問題に関与したとして、部屋の閉鎖と、委員から年寄に2階級降格の処分を受けた木瀬親方(元幕内肥後ノ海)が、この問題を審議した5月27日の日本相撲協会理事会で暴力団関係者との交際を認めていたことが13日、分かった。相撲協会は理事会終了後の記者会見で、木瀬親方が暴力団との交際を認めた事実については公表していなかった。

 理事会出席者によると、一部理事や外部役員から、暴力団関係者との交際について追及された木瀬親方は「2、3年前までは交際があった。一度に関係を断ち切るのは難しい面もあった」などと事実を認めていた。

 さらに理事会では、出席者全員に「詳しいことは広報部が発表するので、個人としての意見を述べないでもらいたい」などとする通達が行われたという。

 木瀬親方は13日、報道陣の取材に対し、「理事会で(暴力団関係者と)付き合いがあったと説明した。今は一切ない」と過去の交際について事実関係を認めた。

 木瀬親方は理事会直後、暴力団とのかかわりに関しては「認識がなかった」と否定していた。

 木瀬親方とともにこの問題に関与したものの、最も軽いけん責処分にとどまった清見潟親方(元幕内大竜川)との差は、暴力団との交際の事実が大きかったとみられる。

 この問題で相撲協会は、監督官庁の文部科学省から、暴力団に入場券が渡ったルートの徹底調査を要請されている。また力士の野球賭博問題に関連し、同協会は賭博の実態調査を行っているが、いずれも今後、協会による正確な調査結果の開示が求められそうだ。

国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
皇太子さま、ウィーン少年合唱団公演をご鑑賞(産経新聞)
新政権発足で官房長官「小沢氏との距離意識しない」(産経新聞)
91.3%「新聞読む」 新聞協会調査(産経新聞)

“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相が2日の民主党の両院議員総会で明らかにした小沢一郎幹事長の辞任。昨年の衆院選で当選して“小沢ガールズ”と呼ばれる女性議員たちは言葉に小沢幹事長への尊敬の念をにじませながらも、「自分の足でしっかり立つ時期」などと冷静に受け止めていた。

 突然の辞任劇。小沢ガールズの1人とされている三宅雪子議員は「鳩山総理も小沢幹事長も自分の役職にしがみつくような方ではない。自分の判断で職を辞したわけですから厳粛に受け止めた」と話す。

 そして「小沢幹事長から政治家としてブレないことを学んだ。私たちは小沢幹事長に育てられてきた部分はあるが、(当選から)8カ月も経過した。もう新人議員とはいえない。自分の足でしっかりと立ち、やっていく時期になったと思う」と決意を語った。

 小沢ガールズと呼ばれていることに質問が及ぶと笑みがこぼれ、「だいぶ前に卒業したというよりも…、もう昨今言われなくなってきた。本業の部分でぜひ判断を、評価をしてもらえればと思う」と述べた。

 田中美絵子議員も「小沢幹事長の辞任の意思を尊重したい。小沢幹事長には強力なリーダーシップ、議員としての豊富な経験があり、しっかり勉強して、頑張っていきたい」と落ち着いた様子で取材に応じた。

 参院選直前の辞任については「幹事長職を辞任されても選挙にかかわる方法はある。幹事長の選挙のやり方は基本にのっとったもの。その流れを私たちもしっかり受け継いでまめに地元活動をやっている。色々な方法で幹事長の影響力は発揮されていくのではないかと思う」と話した。

【関連記事】
転倒なのに「内科」診断書? 総務委員会で“三宅注意報”発令
自分でコケたとは言ってない…三宅氏“自作自演”疑惑を否定
転倒の民主・三宅氏、「自作自演説」を改めて否定
批判再燃…“沈黙”守る元秘書、小沢ガールズ 小沢氏「起訴相当」
元参院議員平野貞夫氏、小沢ガールズに苦言「しっかりせい!」
「はやぶさ」帰還へ

<日照時間>3〜5月、12地点で過去最少(毎日新聞)
教員の資質向上策を諮問 川端文科相(産経新聞)
「まさか帰って来はるとは」 出征した兄の遺骨、68年ぶりに日本へ(産経新聞)
官房長官に仙谷氏内定(時事通信)
沖縄でも口蹄疫か=牛1頭がよだれ(時事通信)

<JR四国>レトルトスープにプラスチック混入(毎日新聞)

 JR四国(高松市)は28日、同社販売のレトルトスープ「しょうが風味チキンスープ」(160グラム)に糸状のプラスチック(直径0.5ミリ、長さ1.7センチ)が混入し、回収すると発表した。対象は1月14日に製造され、1月23日〜5月13日に出荷された1558パック。ほとんどが首都圏に出荷されたが、健康被害の訴えはないという。同社によると、スープは委託会社が製造。充てん用タンクにスープを移すホースをブラシで洗浄しているが、ホースの接続部分の金具にブラシの毛が挟まって抜けたらしい。

女子高生、車内に押し込まれながらも110番 男を逮捕 桶川(産経新聞)
社保事務所元職員が残業代支払い求め国を提訴 大阪地裁堺支部(産経新聞)
ライブ用音響セットでボリューム”限界上映”――第3回爆音映画祭(Business Media 誠)
宝塚歌劇団 雪組トップに音月桂さん(毎日新聞)
「全面的な解決に命がけで取り組む」 首相、共同声明で(産経新聞)

ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)

 宝石鑑定会社大手「全国宝石学協会」(全宝協、東京都)が、ダイヤモンドのカラー(色)ランクをかさ上げ鑑定していたとされる問題で、全宝協が加盟する業界団体「宝石鑑別団体協議会」(東京都)は21日、都内で緊急理事会を開き、全宝協が提出した退会届を受理した。退会理由は「疑惑を持たれる内部文書を作り、流出させた」など。協議会は全宝協が鑑定した一部ダイヤを依頼があれば再鑑定することを決めた。

 緊急理事会で全宝協の高橋夏樹社長らから事情を聴いたところ、協議会などが定めたカラー評価を統一する基準石より「1〜半ランク、カラレス(透明側)へ修正」とする内部文書を作成したことを認めたという。

 再鑑定の対象は、かさ上げがあったとされる07年2月〜08年10月の日付入り鑑定書が付いたダイヤ。協議会は全宝協に、鑑定書固有のシリアル番号の提出を求めた。【反田昌平】

参院選7月11日投開票=国会延長せず―政府・与党方針(時事通信)
<殺人>庭先で腹刺され70歳男性が死亡 岩手(毎日新聞)
お台場でTOKYOウオーク(産経新聞)
<国際バラとガーデニングショウ>21万人が来場し閉幕(毎日新聞)
【イタすぎるセレブ達】エマ・ワトソン、英国人青年実業家と破局。遠距離恋愛よりキャンパス・ラブ?

<ハンスト>茨城・入管センターの収容者70人、待遇改善訴え(毎日新聞)

 「牛久入管収容所問題を考える会」(茨城県つくば市)は14日、東日本入国管理センター(同県牛久市)に収容されている外国人約390人のうち男性約70人が待遇改善を求め今月10日から食事を取らないハンガーストライキを続けていることを明らかにした。同会の田中喜美子代表は記者会見で「センターの対応次第では、17日からさらに約40人がハンストに参加すると言っている」と話し、早期の仮放免実現などを訴えた。【高橋慶浩】

 同会によると、ハンストしているのは12カ国以上の男性で、ほとんどが難民認定申請者という。同会メンバー7、8人が今月12日、センターを訪れ、60人以上の収容者と面会。直接、間接的に確認できたハンスト参加者を集計したという。一方、センターは毎日新聞の取材に「ハンストは38人で始まり、14日現在で32人に減った」と述べ、参加者数に食い違いがある。

 記者会見で田中代表らはセンターの実態について、一室に5〜10人を収容し、1日数時間しか室外に出られないと指摘。入管法で仮放免にはセンター所長が定める保証金(上限300万円)が必要だが、同センターでは50万円以上を求められることが多く、保証金が用意できないために収容期間が長引くケースが多いという。

 収容者の待遇を巡っては、西日本入国管理センター(大阪府)でも3月、70人規模のハンストが10日間以上続き、「長期収容者については一定基準を設け仮放免するようにした」(同センター)という。

車内に乳児遺体=万引きで逮捕の夫婦の子か−茨城(時事通信)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
五稜郭公園 桜が見ごろ 北海道・函館(毎日新聞)
太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)

ラフティング 水しぶきに歓声…激流に春 札幌・豊平川(毎日新聞)

 札幌市南区の豊平川上流で1日から春のラフティングが始まり、激流で水しぶきを浴びたツアー客の歓声が渓谷に響いた。

 参加者はドライスーツを着込み、ヘルメットにライフジャケット姿でパドルをこぐ。8人乗りのボートは約7キロを約1時間かけて下る。雪解けにより増水したこの時期限定で来月上旬ぐらいまで可能。問い合わせはNACニセコアドベンチャーセンター(0136・23・2093)まで。【木葉健二】

【関連ニュース】
ウインターラフティング:尻別川で人気に 北海道倶知安町
話題:水しぶきに歓声 豊平川で春のラフティング始まる 札幌市

<商船三井>20億円申告漏れ 9億円追徴(毎日新聞)
与那国などへの自衛隊配備、来年度に本格検討(読売新聞)
訃報 阪神、大毎で活躍の田宮謙次郎さん=82歳(毎日新聞)
石巻3人殺傷 裁判員裁判に プライバシーなど課題(産経新聞)
<普天間移設>政府案を知事らに説明 首相4日に沖縄訪問(毎日新聞)

中国「必要な防衛措置」=ヘリ近接飛行を正当化(時事通信)

 中国海軍の艦載ヘリコプターが海上自衛隊の護衛艦の周囲を近接飛行した問題で、中国政府が22日、「日本側の監視活動に対する必要な防衛措置だ」と日本政府に回答してきたことが分かった。日中関係筋が明らかにした。日本周辺海域で行動を活発化させる中国海軍への警戒感が高まる中、同国がヘリの近接飛行を正当化したことで、日本国内の反発が強まりそうだ。
 中国側の主張に対し、日本政府は「非常に危険な行為であり、再発防止を強く求める」と反論した。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
【特集】無人機プレデター&リーパー〜忍び寄る死神〜
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜

自民が参院選公約骨子、「責任ある政策」で対抗(読売新聞)
事業仕分け 調査員の1年生議員、力量試される?(毎日新聞)
真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(読売新聞)
堺の男児虐待死、母親の交際相手の男を傷害容疑で逮捕(産経新聞)
激甚災害に指定=チリ大地震の津波被害で−政府(時事通信)

喫煙やめたい人集まれ!神奈川県が「卒煙塾」開設(産経新聞)

 神奈川県のたばこ対策の一環として、禁煙サポート事業「かながわ卒煙塾」が5月下旬〜11月に開かれる。対象は、たばこをやめたい喫煙者やその家族など。喫煙を“卒業”してもらうことで喫煙率を下げ、がん対策につなげる。受講申し込みは4月26日から受け付ける。

 卒煙塾は、受動喫煙防止条例、海水浴場を原則禁煙とする条例に続く取り組み。(1)たばこをやめる動機付けや情報提供を行う「卒煙チャレンジ講座」(2)「卒煙宣言書」の提出(3)辛い時期に励ます「卒煙フォローアップ講座」(4)卒煙式−の流れで実施する。

 県の調査で喫煙者の65%が「たばこをやめたい」「減らしたい」と回答したのに対応した。本人のほか、家族や友人にやめてほしい人、企業などで従業員の禁煙を支援する福利厚生担当者なども対象とする。

 県たばこ対策課は「禁煙というと押し付けの印象を与えるので『卒煙』とした。1人では難しい禁煙にみんなで取り組めるよう、明るく楽しい要素を入れたい」と、禁煙の強制ではないことを強調する。

 第1弾の「卒煙チャレンジ講座」は5月31日の「世界禁煙デー」に合わせ、5月下旬〜6月上旬に横浜、川崎など5カ所で開講。禁煙への意欲を高める動機付けや、禁煙外来の受診、禁煙補助剤などの情報提供を行う。6月中旬に「卒煙宣言書」を提出してもらい、挑戦者は自分で選んだ方法で禁煙に取り組む。

 講座の受講は無料だが、医療機関の受診や禁煙補助剤の購入などは参加者の自己負担となる。

 主催は県の第3セクター「かながわ健康財団」。申し込み方法などは、同財団や県のホームページで近く告知する。県の保健福祉事務所や市町村保健センターでもチラシを配布する。

【関連記事】
千代田区長も参加 新路上喫煙禁止区域でキャンペーン
横浜「喫煙可」のホテルバー 県が指導を通知
受動喫煙防止条例 飲食店、客離れ覚悟で決断
喫煙はイスラム教が禁じる自殺と同じ
喫煙者限定にしたいほど…“煙たい”防止条例 

足利事件の菅家さん、10年ぶり選挙権回復(読売新聞)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)
普天間移設で抗議集会=鹿児島(時事通信)
アパート放火か、女性2人死傷=容疑で捜査−警視庁(時事通信)

モノクロで「森」表現(産経新聞)

 デジタル写真が全盛の現代に、大型カメラとモノクロフィルムで作品を制作するという、独自の世界を構築している写真家の志鎌(しかま)猛さん(61)の写真展「うつろい」が、16日から港区南麻布の古美術の老舗「小西大閑堂」で始まる。22日まで。

 志鎌さんはこれまで、日本各地の森をテーマに撮影し、アメリカ、フランス、デンマークの写真美術館に作品が収蔵されている。

 今回の作品の特徴は、19世紀初頭に発明された古典的写真技法のプラチナプリントで仕上げたこと。

 新潟県の飯豊山系のブナの原生林など、森とハスなどを中心にプラチナプリント仕上げの写真18点と、雁皮紙(がんぴし)にプリントし掛け軸に仕立てた作品が2点展示される。

 問い合わせはTEL03・3446・8228。無料。

運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線(産経新聞)
舛添氏トップ維持、鳩山首相は5位=2位に菅、渡辺氏並ぶ−次期首相候補(時事通信)
鳩山首相が帰国(時事通信)
エハラマサヒロ、ツイッターを始める
エフセキュアが新しいライセンス形態の 「エフセキュア ビジネス スイート」を発売開始

「第3極ブーム」与党警戒、参院選敗北で連携も(読売新聞)

 平沼赳夫・元経済産業相らが新党「たちあがれ日本」を結成したことに対し、政府・与党から10日、警戒する声が相次いだ。

 ただ、夏の参院選で与党が過半数割れした場合、新党など「第3極」勢力との連携は不可避との見方もあり、新党の方向性や支持の広がりを注意深く見極めていく構えだ。

 鳩山首相は10日、東京都内で記者団に対し、新党について「互いに切磋琢磨(せっさたくま)して、政治家同士が新たな政治運動を作り上げていくことは決して悪い話ではない」と述べ、詳細な言及を避けた。

 一方、閣僚からは厳しい批判が上がった。

 岡田外相は記者団に「最初から自民党別動隊と分かっている。何のために作られたかわからない」と冷ややかに語り、仙谷国家戦略相は徳島市での集会で「敬老会青年部のような新党の方々は若い方々にアピールできるものを作り得ないだろう」と突き放した。

 自民党離党者による新党の動きについて、民主党内では「鳩山邦夫・元総務相の離党がきっかけになり、与謝野馨・元財務相、舛添要一・前厚生労働相らが大同団結したら怖い」との懸念があった。しかし、舛添氏らが加わらなかったことで「若い無党派層にブームを起こすほどの力はない」との楽観論が強まっている。

 一方で、今夏の参院選では、鳩山内閣や民主党の支持率が急落し、自民党支持率も低迷している中で、山田宏・東京都杉並区長らが結成する「首長新党」を含め、新たな「第3極」勢力が議席を獲得する可能性は高いとみられている。

 平沼氏らは強く連携を否定しているものの、民主党議員からは「参院選で与党が過半数割れしたら、新党などと手を握るしかない」との声が漏れ始めた。

 「たちあがれ日本」の園田博之・元官房副長官は、同じさきがけ出身の前原国土交通相らとパイプが太い。消費税率を引き上げるべきだという与謝野氏の主張に同調する民主党議員も少なくない。「安全保障政策の異なる社民党や、今まで対立してきた公明党より組みやすい」との声もある。

 他の与党は連立組み替えにつながる動きを警戒している。社民党党首の福島消費者相は10日、平沼氏らの新党について、宮崎市での記者会見で「タカ派ミニ自民党であり、自民党の補完政党だ」と批判。国民新党代表の亀井金融相も記者会見で「政策的に水と油の方が集まって、どういう展望を持っているのか」と語った。

名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)
B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
雑記帳 愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)
銀座にカーネーションの花壇(産経新聞)
「何十人かかってもできない仕事量こなした」 井上ひさしさん死去で今村忠純・大妻女子大教授(産経新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
競馬情報
情報商材レビュー
探偵事務所
クレジットカードのショッピング枠を現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    めたぼ (07/15)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    志波康之 (01/15)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    オリンキー (01/04)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/30)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    まろまゆ (12/21)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    ヘッド (12/09)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    さもはん (11/26)
  • 暴力団と交際認める 木瀬親方「2、3年前まで」(産経新聞)
    しゅうじん (11/20)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM